気をつけたい遺産相続トラブル

遺産相続をすれば、貯金や土地など手に入るものが多いというイメージがありますが、必ずしもそううまくいくとは限りません。よくあるケースとしては、お金になるものはほとんどなく、逆に借金があったという場合です。遺産といっても必ずしもプラスの財産だけではなくマイナスの財産も含まれるために、遺産相続をすると借金を背負うことになってしまうのです。マイナスの財産が多ければ相続税の支払いはしなくても良くなるでしょうが、借金の返済臭われる日々になるかもしれません。節税としてわざと行うのでなければ、相続放棄をするほうが良いです。

また財産がほとんど不動産であったとしたら相続税の支払いに困ることになります。というのも不動産はたしかに価値のあるものですが、税金の支払いは現金でしなければいけません。多額の相続税を支払うようにいわれたとき、手許に現金がないと支払えないのです。このようなときには、実家や自営業の店舗など残したい不動産でも諦めて売却する事も考える必要があります。