おいしい青汁について

おいしい青汁という事をよく耳にするのですが、実はそれほど美味しくないものが多いという事は言えるかもしれません。確かに臭みを無くしているというところまでは出来ているものが多いのですが、おいしいという事になると、そうかなという感じは否めない。元々青汁とはまずいものだというところから来ていますから、それと比較すればびっくりするぐらいに美味しいという事は言えるのですが、市販されている味を売りにしている他の飲料水と比較するとやはり、おいしさという点では劣るという気がしないではありません。栄養補給の目的からすると美味しいという事はそれほど大切では無く、飲みないぐらいにまずくなければよいという方向性になるのも仕方のないところでしょう。美味しすぎて、ごくごくと大量に一気に飲んでしまっては栄養補助という意味が薄くなるという事もありますから、適度にという事が求められることになるのが、難しいところなのかもしれません。