尿酸血清値を下げる食事

尿酸は体内に溜まりすぎると痛風などの病気になりかねないものですが、普段の食生活を見直すことで改善することができます。具体的にどのようなものを摂ればいいのかを紹介します。
ひとつ目はコーヒーです。コーヒーには尿酸値を下げ、痛風の発作を抑えることが研究の結果で明らかになっています。ただし、砂糖を加えてしまうと逆に病状を悪化させてしまう原因になってしまいますので、飲む時はブラックにするようにしましょう。
尿酸値はメタボリックシンドロームとも関わりが深いことが分かっているため、内臓脂肪の増加を抑える海藻類やきのこ、野菜類を積極的に摂ることも望ましいです。大豆や乳製品も良いとされていますので、料理のレパートリーの中に加えたり、牛乳を食事と一緒に飲むのも良いでしょう。こちらのブログでは、食べすぎると逆に良くないものも紹介されています。尿酸値を下げるものは積極的に採用し、良くないとされているものは避けるように心がけたいところです。